母乳を作るために大切なこと

出産後、胎盤が剥がれて出てくると
母乳の分泌が始まります。


母乳を作るのに深く関係する


プロラクチン


出産直後はこのプロラクチンの濃度が非常に高いのです。


プロラクチン濃度が高まったその時!

赤ちゃんがたくさん吸ってくれると
その濃度が急激に減るのを防げるのです。


授乳後プロラクチン濃度は急上昇!

その高まった濃度が減っていく時に
さらに授乳をすることで再び上昇!



だから、出産後赤ちゃんに何度もおっぱいを
吸ってもらう必要があるのです。

最低でも一日8回。出来れば10回。


プロラクチン濃度を保つことが必要で
そのためにいわゆる頻回授乳が必要になるのです。


上手く吸えないからとか痛いからと言って
直接吸わせる回数が少なくなると

母乳を作る土台が整いません。



ひとりで我慢せずに
助産師さんに頼ってくださいね。

入院中はすぐそばにいるのですから!

産前産後のサポーター|マミーズ助産院

静岡県湖西市の助産院